« もばばまんばんままなのだ | トップページ | かびゃあーあなのだ »

2009/02/01

ふぃふすひゃっなのだ

パケ・ホーダイ ダブル改定に伴うお知らせ
パケットパック60、パケットパック90の新規お申込み受付終了のお知らせ

すでにいろんなところでいろんな意見が出てるので神尾は自分のことだけ書こうと思う。
(チラシに書け)

現在メインにNM705i、サブにE90&N82を使っておるわけですが、パケホーダイもbizホーダイも適用にならないE90をドコモで使うために今はパケットパック90を契約しております。
それまではパケホーダイを契約し、E90使用時にはパケホの外部接続単価0.02円で基本料金の無料通信分を食うという方法をとっておりましたが、それではE90を思い切って使えないということで変えたわけであります。

最初は従量制プランは精神衛生上よくないかもと思っておりましたが、どちらの端末でも快適に使える上に、意外とミニマムチャージ分に収まることがわかったこともあって、「PP90いいじゃんワレー!、E90でPP90じゃんワレー!」河内のおっちゃんのうた~、とばかりに超快適生活を送ってるわけですよ。
そうなると不思議なもので「海外端末でも使える定額制がほしい」とか言ってたのも過去の話。どうでもいいって感じになってたわけです。

さて、今回のパケホダブルの改定でPC接続でも上限が13,650円になったということで、一応のところスマートフォン定額が実現できたわけですが、乗り換えるメリットが全くありません。「13,650円と9,000円では5,000円近く違う」というのもありますが、もうひとつ、「通話代は別」という問題です。
PP90だと9000円分の無料通信分は通話にも通信にも使えるわけで、実際通話で3000円くらい、通信で6000円くらいみたいな感じで使っているわけです。PP90なら9000円内に収まるのが、パケホダブルだと通話料は別途徴収というわけです。

というわけで試算

※ちなみに新パケホWだと436,250パケットで上限の13,650円に達する計算です。このパケット数はPP90換算だと約6,500円分の通信量であり、ここではパケホWで上限に達するだけ使ったという前提で計算しています。

●今
基本料(タイプSS)+PP90=約1万円(ファミ割前提 各種オプションは省略)
電話3,000円+通信6,500円=9,500円
無料通信=1,000円(タイプSS)+9,000円(PP90)=10,000円
結果:無料通信分に収まり繰越500円 (゚Д゚)ウマー

●新パケホWに変えた場合
基本料(タイプSS)+パケホW=約1万5千円(ファミ割前提 各種オプションは省略)
電話3,000円+通信13,650円=16,650円
無料通信=通話1,000円(タイプSS) 通信13,650円(定額料)
結果:通話分の超過2,000円が加わり総支払額は1万7千円に ('A`)

('A`)
全然得じゃねえ

もちろんこれは「パケは上限ちょうどくらい、電話もそこそこ」であるから損なのであり、「電話全然しない&パケ1億くらい使う」っていう人にはパケホWの方が断然いいわけなんですが、自分がそういう使い方の人じゃない以上意味がないです。

そんなわけでしばらくPP90で生きながらえます。
しかしパケットパックは「ドコモが公式にその存在を否定したサービス」になってしまったのですね。パックを継子扱いしない唯一のキャリアだったのに。王者のドコモには定額の餌を吊るさなきゃやってけない他キャリアとは一線を画し続けてほしかったというのは古ユーザーの戯言でしょうかね。


※追記
勘違いする人がいたらいけないので書いときますがこれはあくまでE90をメインで使用した場合です。NM705iがメインになるとその分はiモード通信の上限が適用になりそれだけE90の通信が減るわけなので超過額が変動します。さらにNM705iオンリーの場合は総額8千円くらいになってウマー。ええ、どうでもいいですね。
しかし早くも電池がヘタってきているNM705i。やばいよ兄さん。


(画なし)

|

« もばばまんばんままなのだ | トップページ | かびゃあーあなのだ »

「携帯・PDAのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45337/43897951

この記事へのトラックバック一覧です: ふぃふすひゃっなのだ:

« もばばまんばんままなのだ | トップページ | かびゃあーあなのだ »