« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の記事

2006/08/26

はやるぬな一ひんもるっくなのだ

諸事情により最近いろいろと忙しいのですが、今日はふっと暇だったので寝たよ!寝まくり!怒涛のごとく寝る!荒れ狂う暴魔のごとく寝る!爆睡!烈睡!激睡!
それはそうと「爆睡」がごく日常の言葉として市民権を得ちゃってる昨今の日本語事情にプチ不安を覚えるワシ。プチ不安とか言ってるやつに憂えられる程落ちぶれちゃいねえよ。はっ!その声は金田一先生!フォッフォッフォ、ワシじゃよワシ。ワシワシ詐欺。鷲 vs 鷺。こうやって書くと字面似過ぎ。ワシとサギは双子なのかしら。ふたご姫。

ええと、何を書きたいのかよく分からなくなったので寝ます。寝まくり。爆s(以下ループ)

明日親父の携帯を見にドコモショップに行きます。何がいいかな。やっぱM1000かな。(ぉおおぉい)


(画なし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/18

んぷっんにゃへっりっなのだ

ミャハ☆神尾だYO
のっけからキモイので死

さて、行ってきましたよ有明。有明行ってきました!マジで!
まあ毎年行っているのであり別に力強く叫ぶほどではなし。スペースはここ最近当然のごとく取れず友人のスペースにて座り要員(せめて売り子くらいやれよ)。リピーターと一見さんがバランスよく来場されるマタリな様を見て、ああ俺もスペース取りたいなあとか切に思った。
冬コミは3日目が大晦日ですか。夜は打ち上げ蕎麦ですね!

近況:
太りました。ピッグ・ザ・デヴ先生。もしくは、ヒーマン・デヴティン伯爵。
腹が風船のごとく膨らみます。プクリィ。こないだは空まで飛んでしまい、カラスに突つかれてプシュー、フシュヒョヘヒャヘヒョ。四方八方に飛びまくり。お茶の間の人気者です。


(画なし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/10

ぶんぶんううんなのだ

さーて、来週の神尾さんは?
カミオです。すっかり秋らしくなりましたね。
今深く考えずに何気に相槌打ったそこの君、あとで職員室にカムヒア。あとか今かはっきりしないよ?時系列が混乱するカオスなワールド!!
そして職員室ではそれをカミオスペシャルと名付けずにはいられぬ素敵な折檻が君をめくるめく世界にご招待。

[第1話]
さて、世間ではすっかり夏祭りなシーズンであり世間の男子は彼女と爽やかな汗をかいたりしておるわけですが、神尾も御多分に洩れず夏祭りですよ。有明にて!
多少の世間とのズレなど意にも介さぬ神尾は今日も枕を涙でずぶ濡れに。彼女欲しいねえ。小学(以下削除)

それはさておき、なんだかまったく「はなびし」の参加がないここ数年でありまして、ええーっ神尾さんて引退しちゃったの?カナスイ、などと誰かがきっと一人くらい言ってるに違いないと思われるし思いたいわけですが(そうですか)、決して引退したわけではありませぬ。単に落ち続けてるだけでする。
まあモチベーションは確かにデフレスパイラル傾向ではありますが、まだまだ若いもんには負けぬわウフォッフォウッフォな元気人間ですのでご安心あれ(誰に言っておる)。
というわけで、来週の有明マンがまつりに向け鋭意鋭気を養い中!友人のサークルで売り子兼トイレ要員やります。買いものはもういいや(若いもんに負けないのではなかったの?)。
今年の流行って何ですかのう。赤ずきん?ああ、あれね、チャチャ。

※追記
「来週の有明」とかほざいてますが、「今週」ですな。大丈夫か俺。


[第2話]
素のDebianでの環境構築にすっかり疲れたヘタレ神尾さんはさくっとubuntuに浮気。
すげえ!GUIインストーラによるものすごい超絶簡単インストールで、日本語環境はおろかDebian挑戦時にあれほど苦心した挙げ句まるで叶わなかった外付けHDDの認識も最初から当り前にできてやがる。
外付けHDDの認識ができなかったのがWinからLinuxに完全に移行しかねた最大の要因だったのですが、これでとっかかりができたかも。すごいよubuntuさん!これで中の人がDebianだなんて信じられないよubuntuさん!
というわけでインストールしたてのubuntu環境でさくっと更新。
欠点はイメージカラーが茶色ってとこですか。どうでもいいですね。


(画なし)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/02

ういょんよのよんなのだ

[es] でお絵描き!

CloverPaintのえらい人、曽我十郎氏が[es]でお絵描きをなさってます。
これは…うぁ…
esを買えというお告げかッ…?

そういや長いことリナザウで絵描いてないや。


(画なし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »